M女の隠れ家

<奴隷 里美> その5
「ようし、いい格好になった」

若い女の子をこんな恰好にして眺めているのは、とても楽しい。

「そのままお尻を突き出していなさい」

僕は里美にそう言って、里美の白いお尻をカメラに収めていく。



黒いショーツが剥き上げられ、白くてすべすべの肌のお尻が見える。
こんな格好で四つんばいになり、それを写真に撮られることは、若い女の子にはとても恥ずかしいことだ。

しかも、このショーツの下は、僕の命令どおりに陰毛を全部剃ってパイパンになっているはずだ。
里美は、僕の奴隷になってからは、僕の命令をちゃんと聞ける子になっていた。





綺麗なお尻だ。
僕は里美のお尻を、手でそっと撫ぜた。

「あっ・・・」

小さく声を上げ、少しお尻を右に振った。
だが、僕はそれでもその白いお尻を手で撫ぜていく。

すべすべの肌だ。