M女の隠れ家

<奴隷 里美> その9
「里美。着ているものを全部脱ぎなさい」

僕の言葉に、里美は素直に反応する。
僕の奴隷としてこれまでにも調教を受けてきた里美は、僕の目の前で裸になることへの羞恥心はもう薄れているのだ。

「はい、ご主人様」

そう言って、ショーツもブラジャーも脱いだ。



着ているものを全部脱ぐように僕から言われたので、里美はすぐに抱いてもらえるものと思ったらしい。
ベッドの上で体を開き、僕が来るのを待っている。

少し微笑みながら、全裸で横になっている。
可愛い姿だ。

だが、まだ僕は抱かない。
たっぷりと調教してからだ。

この可愛い体を僕は存分にいじめたい。

「さあ、体を起こしなさい」

その言葉で、里美は僕の気持ちを悟ったようだ。
ちょっと唇を尖がらせて不満そうな表情を見せた。

だが、調教されることへの期待も大きい。
ベッドで膝立ちになり、両手を後ろに回すように僕は里美に命令した。

僕の言葉に、里美は素直に従った。



「軽く胸を突き出すようにピンと背筋を伸ばして」

僕は里美に姿勢を取るように要求する。

「こう?」

里美は微笑みながら、僕の要求に応えようと慣れないポーズを取っていく。
パイパンになって来るように命令しておいたから、里美の股間には何もない。

すっきりとした股間に、一本の筋が縦に走っているだけだ。
いいポーズだ。

若い女性を表現する言葉として若鮎という言葉があるが、まさに鮎のような体つきだ。
僕はカメラのフラッシュを光らせた。