M女の隠れ家

<奴隷 里美> その12
しばらくの間、里美はクリトリスを触っていた。

「うん・・・」

時々、声を小さく漏らしながら、足を大きく開いて恥ずかしい格好をしながら、僕にオナニーショーを見せている。

「あ・・・」

パイパンの股間は、もう何も隠すものはない。
里美のまだ幼さの残る股間には、もう光る液が垂れ始めていた。



「ほう、もうこんなにいやらしく濡れているのか?」

僕はわざと里美が恥ずかしくなるような言葉を投げかけていく。

「里美のオマンコから愛液が垂れ始めているぞ」

「いやっ」

僕の言葉に反応して、里美は足を閉じた。

「ほら、ちゃんと足を開いて」



「もっとオマンコがよく見えるようにしなさい」


里美に僕はいやらしい命令を出す。

「手を除けてオマンコを見せなさい」

僕の言葉に里美は、クリトリスを触っている手を除け、足を広げている。
僕はその股間の奥まで、じっくりと舐めるように見てみたい。

「足を上げて、膝を曲げて」



「そうだ、恥ずかしい格好だなあ」

「いやあ・・・、恥ずかしいです・・・」

そう言いながら、股間を隠そうともじもじしながら手が股間にまで近づいてきた。

「もう許してください、ご主人・・さまぁ・・・」

「だめだ。そのままの格好でいなさい」

足をM字に広げて、鏡に写る自分の恥ずかしい姿を見ながら、里美は僕の羞恥責めに耐えていた。