M女の隠れ家

<奴隷 まりあ> その31
揺れるたびに乳首がゴム紐に引っ張られて、いまにもちぎれてしまいそうだ。
白いおっぱいから飛び出た乳首が、ゴム紐に引っ張り上げられている。

まりあの体が揺れている。
敏感な股間を刺激するローターの振動で、まりあはちゃんと立っていられない。





そんなまりあに、今度は鞭のお仕置きだ。
僕は持ってきたカバンからバラ鞭を取り出した。

「ほら、次はこれだ」

バラ鞭をサラリとまりあのお尻に軽く触れさせていく。

「あっ・・・」

小さな声でまりあが反応する。
その直後に、僕はまりあのお尻にパシーンと鞭を入れた。



「きやっ」
まりあが、甲高い声を上げた。

お尻へのバラ鞭の痛さで、まりあの体がのけ反る。
まりあのお尻が少し赤くなった。

「まだだ」

パシーンという鞭の音とともに、まりあの悲鳴があがる」
「きゃぁぁ」

まりあの体が鞭から逃れようとするが、天井のチェーンと乳首に付いているゴム紐がまりあを逃がさない。



ゴム紐による乳首責めとローターの股間の刺激、そしてさらにはバラ鞭だ。
お尻がだんだんと赤くなってきて、鞭の筋が残っている。

「いやぁぁ、ご、ご主人さまあぁぁ、もう、もう無理です・・」

まりあの限界のようだ。
僕はここで、まりあの麻縄を解いた。

乳首のゴム紐を外して、ふらふらとよろけるまりあをベッドに寝かせた。
「今日は、ここまでだ、よく頑張ったね」

そういって僕はまりあにキスをした。
まりあの手が僕の首に巻き付き、さらに僕の唇をまりあは激しく吸った。

それからベッドで、ゆっくりとまりあと僕は愛し合った。

    (完)