M女の隠れ家

<奴隷 杏子> その34
制服は脱ぐ時に、また独特の雰囲気がある。
これから起こる淫らな行為を、この制服を脱ぐ時に予感させるせいか。

杏子の制服姿は、僕を欲情させるのに十分過ぎるものだ。
ロリ顔で幼児体型の杏子が、制服を脱いでいる様子をただ眺めているだけというのは、僕にはもう拷問だ。









白のブラウスは、制服姿とはまた違ったムードがある。
そんなブラウスのボタンに指をかけ、ひとつひとつ外していく姿を僕はじっと見ている。

オマンコに埋め込んだローターのダイヤルは「弱」にしているから、ランプの光が弱い。
ローターが強いままだと、杏子はブラウスのボタンを外せないという。

杏子の太ももとルーズソックス、白のブラウスの組み合わせは、男をオオカミに変身させる。
早く襲い掛かりたいという欲望が、僕の中に沸き上がってくる。