M女の隠れ家

<奴隷 杏子> その4
「お尻をこっちに向けなさい」

四つん這いになっている向きを逆方向になるように、杏子に言った。

「はい、ご主人様」

杏子は素直に向きを変えて、僕のほうにお尻を向けた。



「よし、そのままだ」

そう言って、僕は杏子のスカートをフワリとめくり上げた。

「いやっ」

杏子がすぐにお尻を引こうとする。

「こら、じっとしていなさい」

「・・・はい、ご主人様」

杏子は僕の咎めるような声に逆らえず、またショーツに包まれたお尻を出して四つん這いの恰好を維持している。





こんなスカートめくりは、とても楽しい。
ルーズソックスの若い女の子が、四つん這いになって制服のスカートをめくり上げられているのは、普通はなかなか見ることのできない姿だ。

こうやって少しずつジワリジワリと着ているものを剥いでいくのが、SMらしくていいと思う。
こういう調教の始まりが、とてもワクワクする。