M女の隠れ家

<奴隷 杏子> その11
「ご主人様・・・、これやだぁ・・・」

杏子が股間縄の刺激に、膝をこすり合わせながら、僕に言った。

「うん? どうした?」

「これ、何かへんな感じ・・・」



股間に食い込む麻縄に、杏子が感じ始めているらしい。
股間縄は今日が初めてではない。

それでも、股間縄の刺激に杏子は少しずつ悶え出した。

「どうした?」

「この縄が・・・」

「股間に食い込んでくるのか?」

「・・・はい」

体を動かすと、股間に通された麻縄が敏感なところを刺激する。
杏子の体がその股間縄の刺激で、さらに前屈みになってきた。



「ほら、ちゃんと体を起こして。ピンと背筋を伸ばしなさい」

「あぁ・・・いやぁ」

背筋を伸ばそうとすると、さらに股間に食い込んでいる縄が動く。
膝をこすり合わせながら、声を漏らしている杏子がとても可愛いと感じる。