M女の隠れ家

<奴隷 杏子> その13
「どうだい? 股間縄は気持ちいいだろ?」

膝をこすり合わせて、もじもじとしている杏子に僕は聞いた。

「・・・はい、気持ちいいです・・・」

杏子は素直に返事をした。
時々、腰をクンクンと引くようにして、股間縄の刺激に感じている。

「やだあ・・・、こんな写真撮らないで」

股間縄で感じている姿の写真を撮られることに、杏子は言葉で抵抗した。
もちろんそんな言葉を僕は受け入れるつもりは全くない。

腰を動かして悶える姿は、とても淫らでいい写真になる。



「ご、ご主人さまぁ・・・、もう立ってられない・・・」

杏子は股間縄の気持ち良さで、膝が崩れ落ちそうになっている。
これほどに股間縄で感じる子も珍しい。

そろそろ立たせておくのも限界か。

「じゃあ、こっちにおいで」

僕は杏子をベッドに誘った。
両手を後ろにして縛られている杏子の体を抱きかかえながら、僕はその小さな体をゆっくりとベッドに寝かせた。

小さくて軽い体だ。
これほど幼く見える体には、制服姿がとてもよく似合っている。



ベッドの上にその小さな体を寝かせて、頭に枕をあてがった。

「う・・・」

体を寝かせたことで、股間縄の刺激が変わったようだ。
杏子は吐息を漏らした。

ベッドの上の杏子の白い太ももが、とてもまぶしく感じる。
スベスベしたその肌を触りたいという欲求が、僕の中で急激に膨らんできている。