M女の隠れ家

<奴隷 杏子> その17
麻縄で縛り上げられている気持ち良さと、スカートをめくり上げられている恥ずかしさが、杏子の中で混ざり合い化学反応を起こしているかのようだ。
だんだんと杏子の表情に、そのロリ顔には不似合いな色気が見え始めた。



杏子に、もう少し恥ずかしさを味わってもらおうか。

「そう、そのまま動くなよ」

そう言って、僕は杏子の腰に指を入れ、その可愛いショーツをほんの少しだけ引き下げた。

「いや・・・」

瞬間、杏子は腰を引いて太ももをさらに強く閉じた。





僕の調教では、いきなり下着を全部脱がすようなことはしない。
少しずつジワリジワリと引き剥がすようにしていく。

その過程で見せる奴隷の羞恥の表情や泣き声が、僕の大好物なのだ。
こんなロリ顔で幼児体形の制服姿の女の子を、ジワリジワリと辱めていく。

羞恥で膝をこすり合わせて悶えている。
ああ、いい眺めだ。