M女の隠れ家

<奴隷 杏子> その27
杏子の制服の下のショーツを眺めていると、僕のS性が爆発しそうだ。
でも、それをグッと我慢しながらカメラのフラッシュを光らせているのも、また違った楽しみでもある。

ローターの刺激を受けて、可愛いお尻がピクンピクンと動いている。

「あっ・・・あああっ・・・」

切なそうな悶え声を上げている。







この可愛いお尻をただ眺めているだけで、何もしないというのはある意味、拷問に近い。
もう僕の限界だ。

僕は一旦カメラを手から離し、杏子のショーツに触れた。
サラサラとした肌ざわりのいい生地のショーツだ。

「うっ・・・」

僕の手で触られ、杏子の声のトーンが変わった。

「いやっ・・・」



杏子の可愛い声を聞くと、さらに僕のS性が大きく動き出す。
ショーツをお尻にグイッと食い込ませた。

「ううっ・・・」

杏子が悶えている。
これで丸いお尻がよく見えるようになった。

縛られて抵抗できない女の子のお尻だ。