M女の隠れ家

<奴隷 杏子> その28
こんな可愛いお尻を目の前にして、我慢し続けるのは、もう限界だ。
僕はこの丸いお尻に手を伸ばした。

ショーツを食い込ませている杏子のお尻を、僕はそっと手の平で触った。
杏子のお尻の肌はスベスベしていて、肉はプニッとした感覚で柔らかい。

「あっ・・・いやぁ」

お尻を僕に手で触られて、杏子はすぐに反応する。
だが、そんな声に僕はもっと触りたいという気持ちが強くなった。

「やだあ・・・ああっ」

お尻を触られて、杏子が悶え声を上げる。



僕は杏子のショーツをグイッと引き下げた。
可愛いお尻が、よく見えるようになった。

股間縄がそこに痛々しく食い込んでいる。
その奥からは、ブーンというローターの振動音が聞こえてくる。



「ほうら」

そう言って、僕は股間縄を少し引っ張った。

「あん・・・いやぁ」

杏子の股間に食い込んでいる麻縄が、さらにきつくなる。
いい声で泣く。

僕は杏子のお尻の肉を、グッと握りつぶすように掴んだ。

「あうぅ」