M女の隠れ家

<奴隷 絵里香> その35
「ほら、もっと絵里香の恥ずかしいところがご主人様によく見えるように、足を大きくく開きなさい」

そういう僕の命令でも、ほんの少しだけ絵里香は足を広げるだけだった。

「どうしたんだ、僕の命令が聞けないのか?」



「もっと奥まで見えるように、大きく足を開くんだ」

僕のトーンを強めた口調に、絵里香は命令されるままにその両足を大きく開いた。

足を開くと、その動きに合わせるかのようにしてラビアの間を通っている2本の麻縄はそのラビアを左右に押し広げた。



ラビアの中までが、はっきりと見えるようになった。
そして、これまでは隠れていたクリトリスが、今はツンと上を向いて尖がっているのがはっきりと見える。

もうその皮も剥けていた。
ピンク色のクリトリスが、今までは2本の麻縄に挟まれていたのだろう。

縄に擦られて赤くなっている。



僕は絵里香の一番恥ずかしいところを写真に撮っていく。
フラッシュが絵里香の足元から光るのを感じながらも、その足を閉じることをまだ許されない。

「ご主人さまぁ・・・、恥ずかしい・・・」

僕のカメラを意識して、絵里香は僕に哀願する。

「恥ずかしいよなあ、こんなところの写真を僕からいっぱい撮られて・・・」

そう言いながらも、また僕はフラッシュを光らせた。

「よし、もう足を閉じていいぞ」

僕がそう言うと、絵里香は2枚のラビアの間を通っている股間縄を挟み込むようにして、両足を閉じた。
股間の割れ目の中に麻縄が消えていく。