M女の隠れ家

<奴隷 絵里香> その38
「もっと上までスカートをめくり上げて」

僕の言葉に、絵里香は恥じらいながらもじもじとしている。
膝が羞恥心から、擦り合わせるかのように動いている。

「ほら、もっと上までめくり上げるんだ」

「・・・はい・・・、ご主人様・・・」

小さくそう答えてから、絵里香はスカートをショーツの上までが見えるくらいに上までめくり上げた。



「ようし。そうだ、そのままだ」

僕はそういって、カメラのフラッシュを絵里香に浴びせる。
ホテルの部屋の中に一瞬の強い光が広がると影が濃くなる。

絵里香は僕の命令のとおりに、スカートを大きく持ち上げたまま、恥ずかしさに堪えながら両膝を擦り合わせている。
その仕草がとてもいじらしい。

膝の動きを写真では伝えられないのがもどかしいほどだ。
こんないやらしい膝の動きは、男心を刺激する。



セーラー服を着た若い女の子が、男の前に立たされて、スカートをめくったままの姿で、膝をくねらせている。
ホテルのガウンを着ている僕は、ガウンの中から勃起した男根が突き出ている。

すごい興奮だ。
このまま男根を擦ったら、すぐにイッてしまいそうなほどだ。

だが、それを僕は我慢している。

「ようし、もうスカートを下ろしていいよ」

その僕の言葉に、すぐに絵里香は反応した。

「はい・・・」

スカートを元に戻して、まだうつむいている。

「さあ、そのまま今度は後ろを向いてごらん」

僕はさらに絵里香がスカートのお尻をめくり上げる姿が見たかった。
僕の言葉に従って、絵里香はゆっくりと後ろを向いた。