M女の隠れ家

<2019年12月の日記>
2019年12月の日記

2019年12月1日
  
      ■先月の続きです■
 今月の写真は、先月のトップページの続きになります。
いやらしくツンと飛び出した乳首には、ゴム紐の付いたクリップを噛ませます。



ゴム紐を引っ張ったり緩めたりすると、乳首のクリップがそれに合わせて動いてしまいます。
クリップが動くたびに、いい声で泣く可愛い奴隷です。

12月2日
      
■緊縛写真集などを見ていると■
 緊縛師とか縄師と呼ばれる方々がいます。
そんな方々の緊縛写真を見ていると、たしかに「すごいなあ」と感心するところがあります。

「あんな厳しい縛りができるなんて、うらやましいなあ」
そう感じるところは、いっぱいあります。

でも、実際にM女性を調教してるいる時のことを考えると
「あの縛りはあり得ないなあ」
とか
「あんな撮影は無理だ」
とも感じるのです。

多くの撮影スタッフに囲まれて、きれいなモデルさんを縛るからこそできる緊縛という感じがするのです。
何かあれば周りのスタッフが助けてくれます。

ても、僕が実際の調教で縛って撮影もするとなると、周りには誰もいません。
何かあっても助けてくれる人はいないのです。

そんな中で一人で縛って一人で撮影もするとなると、できることは限られてしまいます。
また、モデルさんではない全くの素人のM女性では、求めるものがまるで違います。

だから、いつも緊縛師とか縄師と呼ばれる方々の写真を見ると
「作られた写真」
という感じがしてしまうのです。

12月3日
      
■緊縛写真集などを見ていると、その2■
 緊縛写真集などを見ていると、縛りはすごいし撮影もすごく上手できれいに撮れています。
緊縛師という方が周りのスタッフの手も借りてきれいなモデルさんを縛っているのでしょう。

それをプロのカメラマンがすごく高い高級カメラを使って周りに照明係の人もいて、何枚も撮影した中から厳選したものを、写真集に載せているのでしょう。
だから、写真としてはすごいと思います。

でも、そこに決定的に欠けているものがあります。
それは、緊縛写真だけどもSM写真ではないということです。

別の表現をすれば、SMとしてのリアルさがないとも言えます。
「作られた写真」であり、lリアルさが決定的に欠落しています。

いうなれば、あれはフィクション、つまり小説のようなものです。
一方で僕がこのサイトに載せている写真は、あんなに上手ではないけど、リアルな調教の写真です。

いうなれば、ノンフィクション、またはドキュメンタリーと言える写真です。
作り物ではない本物の調教写真です。

緊縛写真集には、それだけで緊縛の美や写真としての美しさがあり、どちらを好むかは人それぞれだと思います。
求めているものが違うとも言えます。

12月5日
      
■以前、愛奴とSMショーを見て行った時に■
 以前、愛奴と一緒に初めてSMショーを見に行ったことがあります。
僕がSMショーを見に行ったのは、それが最初で最後です。

天馬ハルさん主催でエロ王子さん、堂山鉄心さんなど何人かが出演されていました。
会場は狭い階段を上がったところにあり、30人ほどの客がギュウギュウ詰めになって床に座って見る形式のショーでした。

愛奴とお尻が触れ合うようにして座ってショーを見ていました。
想像以上にハードなショーで
「あれは、僕にはとてもできないなあ」
と感じるほどに、危険を伴うような行為も見せてくれていました。

ショーが終わった後、会場の外に出た愛奴は
「あまりにもドキドキして、うまく歩けない。どこかで休みたい」
と言い出したのです。

近くのファミレスに入って、二人でしばらく休むことにしました。
刺激が強すぎたようなのです。

ファミレスでしばらく休み、それから軽く食事もしているうちに、愛奴も落ち着いてきて笑顔で食事を終えることができました。
でも、ショーには他に何人もの若い女性もいました。

彼女たちは大丈夫だったのだろうかと、僕は心配してしまいました。
あれほどハードなショーは、僕の調教を何度も受けている愛奴でも刺激が強すぎたのです。

経験のほとんどない普通の女性にとってはどうなのだろうかと思いました。
僕がしているSMと、あのSMショーで見せられたこととの間には、とても大きな差があると感じました。

12月7日
      ■最近、できるだけこの日記に書かないようにしていること■
 最近、この日記にできるだけ書かないようにしていることが、ふたつあります。
つい書きそうになってしまうんだけど、意識的にそれを避けるように努力しています。

ひとつは、仕事のグチです。
仕事がらみのことが書いてあるのって、他の人からみれば引いてしまうような気がするからです。

だって、僕も他の人のツイッターなどを見ていて、その人の仕事がらみのことが書いてあると、気分が沈みます。
先日も仕事で大きなトラブルがあって、もういっぱいグチりたいんだけど、できるだけ仕事から離れたいですからグッと我慢しています。

ふたつ目は、例の韓国ネタです。
もう多くの日本人にも、韓国がどれほどやっかいで危ない国かということがかなり知れ渡ってきましたので、今更、僕が書く必要もないかと思います。

そんなわけで、この二つを除いてこの日記を書いていますが、その分、ネタを考えるのが大変になりました。

12月11日
      
■これはちょっと苦手だなあ■
 仕事で渋谷に行く用事があったので、ついでに最近できた話題の場所にも寄ってきました。
入口で出迎えてくれたシンボル的なオブジェ。

スマホで撮影したので、縦横比率がいつもとちょっと違う・・・。



あれっ?
この形って、どこかで見た記憶が・・・。

そう思ったら、数年前に金沢に行ったときに見たコレと似ているんですね。



金沢駅のシンボル、鼓門(つづみもん)です。
柱をねじっているところが、似ているんだと感じました。

少し歩き疲れて休憩しようと喫茶店を探したら、こんなのがありました。





と言うか、こんなのしかなかった。
スマホの機種変更に来たんじゃないんだから、こんなお店にまでいなくてもいいじゃん。

僕はこのロボットが、どうも苦手です。
将来、もう少し人間らしい色気のあるのが出て来たら、ひょっとしたら好きになれるかもしれないけど、今のこの恰好はねぇ。

なかなか僕の感性にマッチしません。
あまり落ち着かないコーヒータイムでした。

いくら飲食業界が人手不足とは言え、これはないなあ。
まあ、目新しさはありますけど。

12月14日
      
■AIロボットと言えば■
 先日の渋谷でのコーヒータイムでは、ペッパーだらけでしたけど、最近のAIの進歩は目覚ましいらしいから、AIロボットもその内に出てくると思われます。
AIロボットと言えば、有名なのがコレ。



見た目はペッパーのような人間らしさは全く感じられないけど、AIの特性をよく表しています。
タチコマが導入されている喫茶店なら、先日行ったペッパーがいる渋谷のお店よりも僕は好きだなあ。

一方で、ボストン・ダイナミクス社のこのロボット「アトラス」の動きには驚かされます。



この会社の開発スピードは、僕の想像を超えます。
数年後にはどんなロボットが出てくるのか、イメージすらできません。

このボストン・ダイナミクス社やGAFAなどの開発スピードを見ていると、日本の自動車ローカーや電機メーカーなどのスピード感って、全然遅いなあって感じます。
相変わらず「課長 島耕作」の世界にいるような感じがします。