M女の隠れ家

<2020年7月の日記>
2020年7月の日記

2020年7月1日
  
      ■手を後ろに回して■
 2020年も、今日から後半に入ります。
今年は新型コロナウィルスのせいで、半年があっという間に過ぎていったような気がします。

今月の写真は、2枚です。
緊縛写真ではありません。

でも、手を後ろに組むよう愛奴に命令して立たせているだけの写真ですが、僕にはしっかりとSMです。





恥ずかしさでいっぱいなのに、手で隠すことは許されません。
きれいに剃り上げているパイパンの割れ目が、すごくかわいいと感じます。

縛っているわけではないのに、ドキドキするんです。
こんな姿で、こんなプレイは、僕と愛奴を興奮させ、二人を強く結び付けます。

7月3日
      
■祇園祭がなくて寂しい■
 京都に住んでいた頃、毎年、今頃になると祇園祭が待ち遠しく感じていました。
あのお囃子の音や宵山の賑わい、やたら蒸し暑い夜、そんなのが思い出されます。

今年は新型コロナウィルスのために祇園祭の行事も、ほとんどが中止とのことです。
寂しい限りです。

京都は僕にとって第二のふるさとと言っていいほどの場所です。
まああのやかましい中国人や韓国人などの観光客がいなくなって、昔の静かな落ち着きのある京都が戻って来てくれたのは、新型コロナウィルスの良い面です。

いい面もあれば悪い面もある新型コロナウィルスですね。

7月4日
      
■在日中国人が静かに移動している■
 香港問題がテレビなどで大きく報道されています。
新型コロナウィルスの影響で、中国人を含む外国人の日本への入出国は大きく制限されています。

そんな中で、日本国内にいる中国人(在日中国人)に妙な動きが出ています。
政府の統計資料では、在日中国人は81万人(2018年時点)となっています。

ちなみに在日韓国人は48万人です。
ただし、これはどちらも政府の公式発表の数字であり、実態はこれよりもはるかに多くの中国人や韓国人が日本国内で生活しています。

その在日中国人が、今、静かに国内で移動し始めているというのです。
主に東京や大阪などの大都市に暮らしていた中国人たちが、沖縄の島々に移住し始めているのです。

ちょうど尖閣諸島に中国船が連日、領海侵犯を繰り返しているのと同じようなタイミングで、国内での移動が増え始めているのです。
都会から沖縄に移住し始めた中国人のほとんどは、まだ若い20代や30代です。
彼らが都会の生活基盤を捨てて沖縄に移住する意味がどこにあるのか、我々はよく考えてみる必要があります。

こういうデータは政府は取っていませんが、都内のコンビニや飲食店などで働いていた中国人が最近減っているのは、誰もが肌で感じているはずです。
彼らは黙って静かに沖縄に移動していたのです。

この動きは、香港問題ともからめて、底知れぬ恐怖を感じさせます。