M女の隠れ家

<2021年4月の日記>
2021年4月の日記

2021年4月1日
  
      ■鏡の中、その2■
 先月のトップページの写真に続き、今月も全く同じラブホテルで同じ構図の写真です。



同じラブホテルの同じような部屋(フロアがひとつ上の部屋ですけど、作りは全く同じです)で、同じことをしています。
先月の写真と同じく、太ももまでの黒のストッキングにパイパン、そして同じ縛りです。

ただ、相手の女性が違うだけです。

4月2日
      
■LINEの個人情報■
 これは、昨日の読売新聞のニュースです。

LINEは31日、個人情報の扱いを定めた指針「プライバシーポリシー」を改定したと発表した。個人データの海外移転先について、従来は「第三国」としか記載していなかったが、具体的な国・地域名を明記した。利用者への説明が不十分だったとして、対応を見直した。

個人データの保管先についても、これまでは「主要データは日本」としていたが、「日本および韓国で保管」に改めた。

簡単に言うと「あなたの個人情報は韓国にありますよ」ということです。
そして、韓国では日本ほど個人情報保護の意識も高くなく、法整備もされていません。

ましてや日本人の個人情報など韓国では全く保護されていません。
さらに韓国は中国からの要請を断ることはほとんどありませんから、中国から日本人の個人情報や通話記録などの提供を求められたら、韓国は全ていいなりです。

つまり、この読売新聞のニュースでは「LINEのあなたの個人情報や通話記録などは全て中国に渡っていますよ」と言っているに等しいわけです。
よくまあこんな事をLINEは堂々と発表したものです。

それはある意味スゴイとも言えますし、利用者を完全にナメているという事でもあります。

4月4日
      
■シン・M女の隠れ家■
 最近の話題は「シン」ですね。
で、今日のタイトルは「シン・M女の隠れ家」。

別に意味があるワケではないんですよ。
ただ「シン」という言葉を使ってみたかっただけです。


ああ、春ですなあ。
近くの公園では、桜が散っています。

4月5日
      
■なまめかしい腰■
 あまり多くはないんです。
こういう腰をひねる写真って。







M女性を調教している時に撮った写真の中で、自然にできたものです。
僕がM女性にポーズを要求することは、あまりありません。

これらの腰をくねらしているなまめかしい姿も、M女性の自然の姿です。

4月7日
      
■新疆ウイグル自治区の女性への性虐待に沈黙する韓国の偽善■
 韓国はこれまで「日本の従軍慰安婦問題は、普遍的な女性の人権問題だ」と世界に向けて何度も言ってきました。
単に日本軍の過去の戦時中の問題ではなく、普遍的な女性に対する人権問題だから世界中が関心を持つべきだと言ってきていました。

それなのに、新疆ウイグル自治区で今現在も行われている女性への性虐待については、アメリカやEU各国が「ジェノサイド(虐殺)」だと厳しく批判しているにも関わらず、韓国はこれに沈黙しています。
韓国のこのような表裏のある二重規範な姿は、ひどい偽善です。

韓国の市民団体も、慈善団体ではなく偽善団体と言っていいでしょう。
新疆ウイグル自治区や北朝鮮で今現在も行われている性虐待を、韓国人は見て見ぬふりをしています。

韓国人のこのようなおぞましいほどの偽善は、他にもいくつもあります。
韓国人のこんな姿は、見ていて吐き気を催すほどの醜さがあります。