M女の隠れ家                                          <コラム−17>


「S性やM性は才能−2」

「なんでも掲示板」にこんなカキコミがあり、僕が返信しました。
これまでにも何度か同じようなご質問をいただいていて、僕はS性やM性は「才能」だと痛感しています。

366.はじめまして
名前:    日付:2月17日(日)
はじめまして。
SMホテルについて検索していたらこちらのサイトを見つけました。

私が縛られたりちょっと強引なプレイに興味があると言ったら、今度彼にSMホテルに連れて行ってもらえることになりました。
でも私も本格的な調教経験も無く、彼も勿論初心者です。

しかし前に一度、手を縛るだけの軽い拘束や目隠しでのプレイをした事がありましたが、自称Sの彼には「可愛い○○(=私)をいざ目の前にすると乱暴できない」と言われました。

多分私はMだとおもいます。乱暴にされて犯されたいのに今度の件でも満たされるか心配です。
やはりはっきりとした上下関係があった方が、お互い満たされるのでしょうか。

抽象的な質問になってしまいましたが、何かアドバイスがあればお聞かせ下さい。


369.Re: はじめまして
名前:Blue    日付:2月19日(火)
管理人のBlueです。

僕のサイトを見ていただき、どうもありがとう。

SMホテルの検索からここに辿り着いたというのは、何かの縁ですね。

多分、自称Sの彼は、本物のSではありませんね。

つまり、彼はS性をほとんど持っていないと思われます。

本物のS男性は、決してあなたをこれまでの間、調教せずにいるなんて考えられませんから。

だから、彼にSMを求めても無理です。

S性やM性は持って生まれた「才能」であり、才能のない人に求めること自体が無理強いになります。

もし調教されたいと願うなら、他の本物のS男性を探すことです。

S性を持っていない彼にSMを求めても、彼にはとても出来ることではありません。
これは才能であり、いくら努力しても才能のない人には無理なことなのです。
そして、無理強いをされた彼には、SMは辛い苦痛な行為になるだけなのです。

M性を持っていない女性を縄で縛ったり、ムチ打ったりすれば、その女性は大変な苦痛を感じることでしょう。
決してその行為から快感は感じません。

「でも、縛ることなら練習すれば誰にでもできるようになるんじゃないですか? 私は縛られたいだけなんです。」
そんなことを言った女性も、かつていました。
確かに縄で縛るという行為はただの技術ですから、学んで練習すれば誰にでもできるようになります。
小学生がボーイスカウトに入ってロープワークを学べば、縛るということにかけてはそれで十分な技術です。

ところが、そういうロープワークの技術を持っている人であってもS性を持っていなければ、その人から縛られても本物のS男性から縛られた時のような気持ちよさは得られないのです。
縛るという技術だけを取ってみれば、運送会社の人はとても上手にトラックの荷物を縛ります。
あれほど手際よくしっかりとロープを使って縛ることは、他のどんな人でもかないません。
でもS性を持っていなければ、運送会社の人にM女性が縛ってもらっても気持ちよくはならないのです。
そこに何かが違うのです。
それは言葉で説明できるものではありません。



僕はよくSMを料理に例えてお話をします。

お肉を切る包丁さばきの技術は、牛の解体をしている牛肉加工会社の職人が一番上手でしょう。
素早く的確に肉を包丁で切って、牛を解体していきます。
どんなに腕のいい料理人でも、肉を切るということにかけては解体職人にはかないません。

でも、肉を切るという技術がいかに優れていても、その人は料理人ではありません。
おいしい肉料理は作れないのです。
素晴らしい包丁さばきの技術を持っていても、それだからといって肉料理がおいしく作れるとは限りらないのです。

肉を切るということと肉料理を作るということが違うように、縄で縛るという行為とSMは違うのです。
その一部ではありますけど、本質ではないのです。
この辺がSMの難しいところであり、一般の世間の人からはなかなか理解されないところです。

戻る