M女の隠れ家                                          <コラム−2>


「S性との出会い」

あるM女性から、こんなメールをいただきました。
    彼は私を縛ってはくれません。実は数回試したことがあります。
    私はすごく興奮したのですが彼は今ひとつ。。
    普通がいい。と言われてしまい、その後は全く無し。その話題にも触れません。
    ごくごく普通。彼が終わったら終わり。私が満足して無くても、終わり。
    すーっと熱が冷めていくような、それがなんとなく・・・・不満。

・・・この女性はとても素晴らしいM性を持っているのですが、不幸にも相手の彼氏がS性を持っていなかったのです。
S性を持っていない彼氏には、どんなに頑張っても努力してもM女性を満足させてあげることは不可能です。
何かのマネをして一時的にM女性に偽りの快感を与えることができたとしても、それはすぐに剥がれてしまい長く続けられるものではありません。
S性やM性は、その人が産まれた時から持っているものなのです。

S性を持っている人だけが、M女性を満足させてあげることができるのです。
M女性は本物のS男性からのみ、本当の喜びを与えてもらえるのです。

でも、一見、誰でも勉強して学べば縛りはできそうに思えます。
しかし、S男性がする縛りでないと、M女性は満足が得られないものなのです。
S性を持っていないノーマルな男性が縛りを学んだとしても、その縛りではM女性は苦痛しか感じることができません。
どこが違うかと言われても、縛りそのものはほとんど同じで大した差はないのですが、S男性に縛られれば素晴らしい幸福感を感じることができるのに、ノーマルな男性に縛られたら窮屈で痛いと感じるだけなのです。

ノーマルな男性が努力しても決して得ることのできない秘密の極意のようなものが、そこにあるのです。
それはS男性が意識できるものでもありません。
言葉では言い表わすことのできない、何かの波長のような感覚でM女性を縛り、感じさせることができるのです。



僕はこのホームページを立ち上げてからこれまでに何度も多くのM女性から同じ悩みを聞いてきました。
「彼氏は優しい人なので好きだけど、縛ってはくれない・・・。」
こんな声が多くのM女性から寄せられてきました。
そして勇気を振り絞って、恥ずかしいのを堪えて彼氏に「縛って欲しい。」と打ち明けた結果、彼氏からの冷たい反応でこれまでの二人の関係が壊れてしまったという話は、たくさんあります。
それは彼氏には理解できない元々無理な注文なのです。

理想的なことを言えば、SとMの男女だけが住むことのできる別の世界があって、普通の人とは違う世界に住むようになれば、こんな苦労はしなくてもいいんです。
性的に普通の人とS性やM性を持っている人は、本当は別の世界に住むべき人だと感じています。
それがゴチャ混ぜになって住んでいるのが現実なのです。
ここに多くの悲劇や苦しみが生まれる原因があります。

一般的な世間の出会いでは、M女性はS男性に出会うことは、まず決定的に不可能だと思います。
通常、M女性もS男性もお互いに外見では判別ができませんし、普段はそのM性やS性を心の奥深くに隠していて、決して他の人に見せることがありません。
例え夫婦になったとしても、S性やM性を隠し通しています。

そんな風に隠し通しているもの同士が、普通の社会でお互いに出会うことは不可能なのです。
唯一、インターネットが普及した現在において、匿名性が保たれているサイトの上でだけ本当の自分を表に出して、理想の相手を探すことができるようになりました。

これは、今までの歴史の中で画期的なことだと思います。
これまでずっと秘めてきたS性やM性を持っている人同士が、ようやく出会えるようになったのです。
でもまだまだ情報が不足しており、世間でも誤解や偏見に満ちていて、M女性がその誤解や偏見のために苦しんでいるのを知り、僕はこのサイトを少しでもM女性のためになればとの思いで立ち上げたのです。
本当のSMの素晴らしさを知ってもらうために・・・。

戻る